唐揚げだけ食べたいから巨乳は嫌い

 Najikoです。
今日は貧乳好きで身内に知られるわたくしのボインに対する感情の話です。
いきなりこういうこと言い出すのがわたくしってやつなんだ。

 これはどういうことなのかというと、まあこのわたくしのツイートを見ていただけると概要が把握できるかもしれないしできないかも知れません。

余計わからなくなった? では解説しましょう。

 まず前提として、巨乳は魅力的なものです。わたくしが巨乳を忌避し、貧乳をよしとするのは巨乳そのものがイヤだからではないのです。じゃあいいじゃん、と思われるかも知れませんが、そこで上のツイートの話が出てきます。

 唐揚げ、好きですか。好きですよね。わたくしは好きです。でもわたくしはレモンかけないでほしい派です。しかし、レモンが嫌いなわけではありません。例えばレモネードだけ提供されるような場面なら喜ぶでしょう。でも唐揚げ食べてるときに勝手にかかってきてほしくはない。唐揚げは唐揚げだけでいい。これが女性キャラとおっぱいの関係にそのまま当てはまる、ということです。

 昨今、と言わずとも大昔から、物語のヒロインといえば見目麗しい姿をしているものです。物語の華ですから、それはいいでしょう。ゲームをしててもアニメを観てても、女性キャラが出てくる。当然のことです。しかし、そのキャラが必要以上にでっかい乳をだぶらんだぶらんさせていたら、どうなるでしょうか。「それ今見せなきゃダメ!?」と思うわけです。

 例えばですよ。エロゲのヒロインがめちゃくちゃ巨乳だったら。いいじゃないですか。何の問題もないです。わたくしは別にエロゲやらないですけど、もしやったとして「このヒロイン巨乳だから好きになれませんでした」とは言いません。むしろよかった、と思うでしょう。だってエロゲのヒロインは巨乳をお出しするのにふさわしい場で乳ビジビリティを提供してくれているのですから。これは極めて重要なポイントです。

 念の為言っておくとわたくしは別に巨乳キャラを糾弾して表現の自由を侵害するような思想は一切持っていません。別に蓋然性がない巨乳があったっていい。ただでっかく描きたいから描かれたヒロインがいたっていいです。これはあくまでも「わたくしがそれを嫌がる理由」です。それを踏まえた上で言いますが、「それ今見せなきゃダメ!?」となって、それ1回で済めばまだいいですよ。けど、おっぱいはずっと胸にくっついてるのでそのキャラが視界に入るたびになんか変な気分になりますよね。そんな思春期の中学生じゃあるまいしと思うかもしれませんけど、もしわたくしが巨乳になんの興味もなかったらついてようがついていまいがどうでもいいわけです。しかし、ここで嫌がる理由は「そういう気分じゃないタイミングで強制的に性的な魅力のあるものをお出しされ続けている」という一点に尽きます。魅力的なんですよ。でも今見たいわけじゃあないんだよなぁ……と。わたくしは唐揚げが食べたいんですよ。レモンは今いらないんです。

拒絶反応

 VRCでも同じようなことが言えます。というか、VRCの方が問題は深刻でしょう。アバターには人が入っていて、その場でコミュニケ―ションを取っているのです。楽しく雑談しているとき、仮に現実なら一歩外に出ることすらできないような巨大な性の爆弾が目に入ってきたらどうでしょうか。いやまあ、「いいじゃん、楽しいじゃん」と言われればどっちかというと多くの人(主に男性ですが)はそうだと思うのですが、それはから揚げにレモンがかかっててもおいしく食べられる人の視点です。唐揚げだけ食べたい人は渋い顔をする。相容れない理由が見えてきましたね。

 自分で使う場合も同様です。人が使っているよりは多少気にならないかも知れませんが、逆に言えば「なんでもないタイミングでそういう魅力を振りまきたいわけでもない」ので結局は同じことです。自分の胸見た時に変な気分になるのもイヤですし。

 じゃあ、貧乳は良いのか。いいじゃありませんか。だって、(ほとんど)何もないんですから、変な気分にならなくて済みます。おしまい。と、言いたいところなのですがそうやって消極的な理由で貧乳を選択し続けた結果、「貧乳そのものに価値を感じるようになった」というのが今のわたくしです。

 とはいえ、性的な魅力を感じるわけではありません。一般的な貧乳フリークの中には「貧乳の方が興奮する」という人もいるでしょう。でもわたくしはそうではないのです。ただ、ボディラインに美しさは感じます。美しいけどエッチじゃない。どこから見ても「可愛い」だけを感じられる。そこがわたくしが思う貧乳の魅力です。

All I need is “Kawaii”.

 賢明な読者の皆様はお気づきと思いますが、じゃあ貧乳なら他の部分がどうなっててもいいのかというとそうではありません。例えば「貧乳だけどほぼ全裸」とかっていうキャラだったら結局巨乳を見せつけてるのと意味的に変わりがないのでご遠慮願いたいです。そりゃそうですね。

「お姉さん」にしては控えめな方だと思いませんか。

 ただ世の中には、0か1しかないわけではありません。「普乳」というものもあるわけです。わたくしはよくVRC内で胸がちょっとでもあるとナイフで削ろうとしますがあれはまあその、プロレスみたいなものです。年齢や体格に見合った成長度合いの胸がついててもそこはそれほど気になりません。それはまあ、見せつけるためについてるわけじゃないですからね。もっと言えば実際にはサイズ的にデカかったとしても着やせしていたりボディラインが隠れてしまっているのであればわざわざひん剥いて切除しようという過激な思想は本来持ち合わせていないのです。怖いじゃろ、そんなヤツいたら。

 幽狐さんなんかは身長こそ低いですけど「お姉さん」ですから、このくらい胸ないと逆に心配になりますよね。だからそこはいいのです。前開けてるわけでもないですし……それはそれとして貧乳のお姉さんは好きですが、「普乳」が嫌いなわけではないです。普通なものは普通です。

このkawaiiは肢体の美しさなくしては成立しないでしょう

 しかし実際には要素は複雑に絡み合い、渾然一体としています。「女性キャラ」という要素にはkawaiiもドスケベも両方貼り付けることができる。しかも、それらは両立しシナジーを形成しているように見えるわけです。唐揚げとレモン。その組み合わせなくして生まれない味わいは確かにあります。料理としての完成度は認めざるを得ないでしょう。しかしそれでも……わたくしは、唐揚げだけ食べたいんですよね。たまーに、本当にたまには「今日はちょこっとだけレモンかけてみようかな」と思うこともありますし、「お、これは最初からレモン仕立ての唐揚げだ。おいしそうだな」と思うこともあります。あるけど。ほとんどの場合は勝手にレモン汁をかけないでほしいから、今日も巨乳に狂気の刃を突き立てる。そんなわたくしなのです。

 余談というか、純粋に疑問なんですけど、女性から見た「男性向けの巨乳キャラ」ってどんな風に見えるんでしょうね。「えー、男ってこういうの好きなんですねー。知らんけど」ってなるんでしょうか。あんまり偏見みたいな話になるのもよくないですが、VRCの中で使われている、人気のある女性型アバターには女性のクリエイターの方が作ったものが数多く存在します。それらのアバターは大体胸がないか、あってもことさら強調されていないんですよね。具体例を挙げるのは避けますが、まあ、分かる人ならいくつも出てくるはずです。そんなことをぼんやりした根拠に、「Kawaiiはエロと結びつけなくても片手落ちってわけじゃないんだぜ……」と溜飲を下げるなどしています。塩とタレだけで勝負する唐揚げ店、わたくしは好きですよ。それは間違いなく、美味なので。

追記

 念のため書いておきますが、この記事には「だから配慮してほしい」とか「だから巨乳のキャラは排除すべき」といった意図は全くありません。単なる個人的な好みの話なので、誰でも好きなように乳を盛り、規約やモラルに反しないように巨乳を楽しんだらいいと思います。わたくしは自分の唐揚げは自分で守りますので、悪しからず。

カテゴリー: VRC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。