ツヤツヤの癖

 お久しぶりかもしれません。Najikoです。

 ここ最近、というか6月中はBlenderでの創作に勤しんでいました。
というのも、思い立ってあるものを作ろうと思ったのです。それがこちら。

ストラップシューズです。

でもなんで? と問われると困ったものですが、強いて言えば「理想とするものがなかった」というのが一番の理由でしょうか。意外とないのです。この手のストラップシューズ。
厳密にいえば、あるのですが「わたくしが理想とするものが」ないのです。わたくしが理想としているのは以下の条件に当てはまる靴のみです。

・扁平で、尖っていないこと
・ツヤツヤであること
・厚底でないこと
・ヒールでないこと
・靴底に凹凸がないこと

はい。この条件に当てはまる靴は極めて少ないです。具体的に言うと、この手のストラップシューズかローファーくらいしかありません。しかしローファーはとてもいい商品がBoothにあるので、わざわざ作らなくて結構。というわけであとは満足のいくストラップシューズを自分で作れば完璧、というわけです。

 初めはそれほど意識していませんでした。たまにいい靴を履いているアバターに満足しているくらいのもの。具体的にはここあちゃんの靴とかはとてもいい感じでした。

理想に近い形をしています。けど全体的に丸っこく、かかとが高いのが分かります。

けどまあ、わたくしが作らなくてもこうした属性の靴を履いているアバターがいる以上、わたくしはこう思っていました。「みんな多かれ少なかれツヤツヤのこういう靴には魅力を感じるんだ」と。ところがどうでしょうか。その実態は厳しいものでした。どうもみんな、靴にそこまで関心がないみたいなのです。おかしいな? でも靴フェチの人も世の中にはいるじゃありませんか。身内にはいませんが。

が、しかし。靴フェチの人は広範に「靴」なら興味を示すことが多いと見られます。特に上履きとか、履きつぶされてる靴が好き、などとwikipediaにも書いてあります。しかし、わたくしはそこにはあんまり興味がない。関心があるのは上記の条件を満たした靴だけなのです。恐らく、わたくしと同様の癖を持っている人間は靴フェチの人々の中からくまなく探しても簡単には出会えないでしょう。そしてそれを自覚したことは、自分の癖が異常性癖であることを知った瞬間にほかなりませんでした。

 悲しすぎる。性癖と言えば、わたくしは貧乳過激派などと言われていますが、わたくしの貧乳に対するスタンスもまたマイノリティで、「貧乳である」ことではなく「巨乳でない」ことに重点が置かれているので、こちらは理由としては消極的です。貧乳に限りなく強い愛着がある(ように振る舞ってはいますが)わけではなく、巨乳でないことに安堵しているだけ。それとこの靴への執着はまるでベクトルが違います。靴に関しては条件を満たすものであるほどテンションが上がるわけです。前から踏んで欲しいとか宣っていましたが、それもべつに素足やスニーカーで踏まれてもそんなに嬉しくない。理想はこの靴なのです。何を言ってるかわからねーと思うが、わたくしも何をされてそうなったのかわかりません。

 一体いつそれが創作意欲に転化したか、今となってはそれすらわかりません。けれども、やると決めたからにはやってみよう、とBlenderとの対話を始めたのが6月初頭。

作り始めはせいぜいこんなもんでした。このままだと、全然かわいくない。ネットで資料を漁ります。資料を漁っているだけでテンションが上がっていきますがテンションだけ上がっても作品はできません。ありとあらゆるアングルから靴を見たい。けど、なかなかうまく資料が見つかりません。このままではディテールに難があるものしか出来上がらない……うーん、どうしようーと悩んでいた時、妙案が浮かびます。「そうだ、実物があればいいんだ」

はいドン!買ってきました。ハードオフで。もうテンション爆上がりです。わたくしにとってはドンキのR18コーナーで豪遊しているのとそれほど変わりないテンションの上がりようです。豪遊はしたことないですけどね……それに資料ですから、あくまでも。資料ですよ。でも、いいね……最高じゃないですか。わかりますか、この感覚! いや、いいんです……わかんないよね……うん……ただまあ、この実物は靴底がデコボコしてるのでそこだけはあんまりなんですけどね。余計わからなくなったそこのあなたは健全な人です。

よく撮る好きなアングルです。


ともあれこうして立派に靴が出来上がったわけです。Blenderは保育園卒レベルのモデリング力ですがそこはもう、地道にやっていった結果ですね。創作してる人は多かれ少なかれ癖を原動力にしているだろうと思われますが、事ここに至ってはそれが最大限発揮された結果、わたくし史上他に類を見ないこだわりの塊が出来上がったというわけです。

 さて、あとはどうしましょうか。そうです。他の人にも履いて欲しい。大体、自分で履くためのものじゃないのです。履いて、下から平らな靴底が見たいじゃありませんか。願わくば、なんか踏んで欲しい。けどどうでしょうか。ここで試してみたいことが一つありました。
「500円で売る」
誰も買わないはずです。高いから。この靴にわたくしと同じように魅力を感じる人以外は。

 結果、ちょっと売れたのですが、わたくしを知ってくれている人が買ってくれたような感じだったので、真なる癖の者の手に渡ったのかどうか、それは定かではありませんでした。そして、もうこうなってはなりふり構っていられません。「癖でなくてもいいから履いてくれ」

とはいえ、一度500円で売り出したものを急に無料配布するような真似はできません。かくなる上は、「500円なら安い」という内容に中身を引き上げるしかありません。

だから服を作りました。こちら

服はおまけなのです。500円なら安い!と思ってもらうためのものなのです。とはいえ、わたくしが衣装を作ることができたのはSummerSweet!に衣装製作の実績があるメンバーが複数おり、技術的に協力を得ることができたためです。謝辞。

結果、さらにちょびっとだけ売れました。それでもまだ1桁台ですけど
さらに着用して見せてくれたフレンドもいます。もう感謝感激です。それが見たかった……一応、わたくしの望みは達成できたということになります。

 けど、もっと履いてくれと思いました。人の欲望には限りがありません。

こうして2着目を作り……

対応アバターまで増やしました。こちらです

我ながら、よくできたと思います。フリルをつけるのは大変でした。それもすべて……靴と合わせるため……けれど悲しいことに、こちらの衣装はほとんど売れていません。Clothの挙動も1着目よりよく、自ら常用しても快適に過ごせるだけの出来にはなったのですが。

これを書いている時点では桔梗ちゃん用の方は1着も売れていません。

特に桔梗ちゃん対応版は、桔梗ちゃんの方がプロポーションが良く足もデカいのでわたくしにとっては非常にExcellentなのですが、それ以上に恐らく桔梗ちゃん用の服でこのような挙動をするスカート型の服は珍しいと思うのでよかったら使ってみてほしいとは思っています。まあ、メインは靴なんですけどね。

そんな感じです。もう、自分でもわけがわからないよ。たった一つの癖で、面倒くさがりのわたくしがここまでするなんて……性癖って、怖いね。

でもまあ、「好き」に従ってこその創作。みんなもそれぞれの癖で自分だけの最強の物体を作り上げて欲しい……それだけです。

良すぎる!!!!!

以上です。写真を貼っていたらテンションが上がって来たので、さっさと寝ます……

カテゴリー: VRC

「ツヤツヤの癖」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。