アトリエ監獄リゾートの一日

前書き

 お久しぶりです。Najikoです。
ごめん。PCVRには行けません。わたくしは今、コロナにかかってホテル療養しています。5Gでも飛んでいれば家のPCにVD経由で飛べたかもしれないんですが飛んでないのでQuest2でインするのが精一杯です。というか寝てろという話なんですが。

 でもしょうがないじゃないですか。わたくしが滞在し始めたのが9月2日、あまなつちゃんの誕生2周年記念イベントが9月4日なんですから。

閉鎖空間の楽しい一日

 まあそれはいいとして、こうして記事を書くのだって本当はもう少し早くしたかったんですけど、実際には体調が悪くてそこまではできなかったんですね。大体、発症したのが8月31日だったのですが療養開始時点で3日経っています。どうでしょうか、普通の風邪と診断されたときやインフルエンザにかかったとき、発症から丸3日経ったらさすがにおおむねよくなってないでしょうか。けど新型コロナはそうではなかったようです。発症初日と2日目はのどの痛みがあったものの身体は元気でした。ところが療養開始の3日目になって体がフワフワし始めて具合が悪くなり熱が出ました。5日目に熱は下がったものの倦怠感とフワフワする感じが取れず、この記事を書いている7日目にようやく立ったり座ったりしても具合が悪くならずに済むようになりました。まあ、株によって症状も違うのかも知れませんが初期のコロナが味覚の異常で有名だったのに対して最近の株はのどの痛みからくる、というのは身を以て体感した感じですね。味覚おかしくならなくてよかったです。鼻が詰まってるので結局微妙な感じではありますが。

 場所はリゾートホテルなのでぶっちゃけ部屋はいいです。間取りは一般的なビジネスホテルくらいだと思いますがベッドは(使わないけど)2つあるし、アメニティも充実しています。わざわざ通常の営業を止めて療養者を受け入れているんですからありがたい限りですね。わたくしは這ってでも必要な電子機器をかばんに詰め込んできたので部屋に引きこもっていてもさして苦になりません。ノートPCは家のデスクトップにリモート接続できるし、Quest2はスマホとテザリングすれば不安定なwifiに頼らずともVRCに入れます。ああ、そういえばなんかテレビの有料チャンネルもタダで見せてくれるようですね……ハハ、アダルトもありますよ。まあ、わたくしは一日中テレビつけてないですけど……とても静かです。音楽とかも流してないし。具合さえ悪くなければいい暮らしです。具合さえ悪くなければ。

 お食事は3食お弁当屋さんのお弁当です。味はいいですよ。仕出し屋のお弁当とか、美味しいですよね。けどお弁当って揚物とご飯の量やたら多いですよね。病人の食事ではないです。でも美味しいですよ。美味しいんですけどね……うん……それで、パンくいてーとか思ってたら今朝初めてサンドイッチが出ました。言ってみるもんですね。言ってないけど。

コメくいたくない

 一日はまず7時に検温しろという放送でたたき起こされるところから始まります。検温してまた昼まで寝ようと思うと今度は8時に飯を取りに行けという放送でたたき起こされます。ご飯は1時間の間のみ取りにいけるので渋々取りに行って食べるとお腹いっぱいですぐには横になれないですから、うだうだしてるうちに昼近くなります。昼近くなってうとうとしていると今度は昼飯を取りにいけという放送でたたき起こされます。渋々昼飯を取りに行って食べます。そのあとも4時に検温、6時に晩飯のアナウンスがあるので日中は爆睡できません。夜早く寝ろってことですね。そりゃそうです。

労災羅生門TV

 しかしまあ、せっかくの仕事しなくていい機会ですよ。こんなことでもなければ仕事から逃れられない社会がまず異常だよな、とは思うのですが、わたくしはその仕事の関係上どうしても感染リスクを避けられない状況で勤務した結果運悪くかかった感じです。ならばわたくしが保健所に守られても卑怯とは言うまいな。Najikoの行方は、マジで全然、誰も知らない。(職場に連絡済)
 というかまあ、職場も大変なのはわかるんですけど「無症状なら来てもらうかも」って言われましたからね。無症状じゃないから行ってないですけどね。録音して労基に提出したら「コラー!」って怒られるんでしょうかね、うちの上司。怒られてくれ。サブチャンネルでその様子が見たいので。

アトリエAI

 今ワンピースが無料公開してるらしくて、ジャンプ+で見たらこれが1000話以上あるんですね。これ読んでりゃ療養期間終わるじゃろ、と思って2日目にアラバスタ編まで読んだら「今の期間の無料公開はここまで」となり、早くも詰んで数日。他にやることも……あるけど(ソシャゲの無限に存在するコンテンツが)それは置いといて、自宅のPCに繋げるからといってお絵描きAIのStablediffusionで遊んでいました。

「パンダのミリタリーパッチ」とか

「渋谷」とか

非実在ねんどろいどとか。

ホントにもう「ここまでするかおい」って感じのものをお出ししてくれます。というかねんどろいどの理解力高すぎるでしょ。どういう数のデータを取り込んでどうモンタージュする仕組みを作ったらこんなの出せるんですか。全く意味が分かりません。未来に生きちゃってます。

あと、Stablediffusionは二次元イラストのデータをよく学んでいるので、呪文の中にそのデータにピンポイントでぶち当たるワードを入れることでこんな風にイラストを描いてくれたりもします。というのはTwitterなどで話題になったのでよく知られていると思います。大体出回っている情報を見るとよく、特定の監督の名前や制作会社の名前を入れると綺麗なのが出る、と言われており実際にそうなのですが、アニメ絵の人物イラストでそれをやると特定の作家や団体のパクリじゃん! みたいになってなんかイヤですよね。まあ、呪文を公開しなければなりゃしないとは思いますが……一方で、そういったワードを入れなくてもアニメ絵を描いてくれるパターンもあります。

https://zenn.dev/platina/scraps/f684691a707627

このサイトが参考になりました。上のイラストもその系統の呪文で描いています。結局のところ、どの辺のデータが多いワードを含めるか、というのが結果に影響してくるわけですからアニメ絵のデータが山のように出てくるワードを入れればアニメ絵になる、という仕組みなわけです。ねんどろいどがあれだけリアルに出るのは「Nendoroid」というワードが無数に存在する純粋なねんどろいどのデータに直撃するからであって、その理屈に則れば会社名などがそれにあたるのも当然ではあります。でも会社名とか入れなくても特定の作品群にぶつかるのがわかってるなら本質的には同じじゃないかとは思うんですがなんでもないです。

あと画像から画像を出力もしてくれるので、

こののんきなたまなつちゃんの写真を渡してアニメイラストを描く呪文を入力すると……

こんな風にイラストにしてくれたりするわけです。自分のアバターのファンイラストが欲しい――――!!!! という方は試してみてはいかがでしょうか。コツとしては、なるべく顔アップにすること(全身像は細部がダメになります)、Strengthという値を上げすぎないことです。この場合は0.45ですが……

こののんきなラスクちゃん、Strengthを0.8くらいまで上げて描いてもらうと……

ほい。どちら様でいらっしゃいますか……?

そんな感じです。

最後に一言

 いつもの文脈になりますが、こうして療養してる間もフレンドの皆さんに色々声をかけていただいたりしてとても心の支えになっています。というか多分VRCやってなかったら本当に退屈な療養期間を過ごしていたとでしょう。残りの日数はわずかですが、またPCVRで元気な姿を見せられるようにゆっくり休みたいと思います。いつも本当にありがとうございます。

ラーメン食べたい。

カテゴリー: VRC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。