えらくなる時

前回はゲーム開始からチュートリアルワールドで初心者案内という名のVR人権宣言を受けたところまで書きましたが、今回はその続きとなります。「転機が訪れる」と結んだ前回ですが、実はまだもう少しかかります。

後にパーソナルカラーとなるNajikoの図

チュートリアルワールドでうろちょろして生きていくことができるようになったわたくし。とはいえ、無言でまだアバターにペンが仕込めることも知らないわたくしは「いーれーてー」が言えない。チュートリアルワールドにたむろしてる人たちもいるのですが、その輪に入ることはできないのです。悲しみ。初心者案内をしてくれた大好きさんがチュートリアルワールドにいるときはjoinしていましたが、当然いつもいるとは限らないし、他のワールドにいるときは「まだ自分は部外者だしな……」と思ってjoinもできません。どうしても、知らない人がたくさんいるところめがけてjoinできなかった。弱すぎる。日本人がいっぱいいるコネクトステーションは紹介されていたので、たまに遊びに行ったりもしていましたが特に状況は変わりません。しかしそんな中、チュートリアルワールドに潜みながら生きていく道はまだ存在していました。

人の初心者案内についていく!

なんて素晴らしい案なのでしょう。我ながら鬼才が過ぎる。初心者案内についていけば少なくとも自分よりはVRCに慣れてないユーザーにビミョーに先輩風を吹かせつつ、フレンドは増えるし、集合写真に写り込めるし、終わった後は誘われるままにみんなで遊び行くこともできます。そしてゆくゆくは……うむ、これだ……

心の師、なでもふ氏のワールドにある飛行アバターの導入法

そうそう、そんなことしてる間に大好きさんにjoinしていた時に、話に聞いていた「空が飛べるアバター」は何をどうすれば実現できるのか、と悩んでいたことがありました。そんな折たまたま大好きさんと一緒にいた、飛行をはじめとする多機能なアバターの作者であるなでもふさんにお会いすることができ、企業秘密かと思っていた飛行アバターの仕組みを余すことなく教えていただいてこんちゃんを飛行させることができたりしました。その後アバター改変にいそしむ原点はここにあるのかも知れません。

日陰者のこんちゃん

初心者案内にはこんな感じで写り込みます。一時は「いつも初心者案内に写り込んでるこんちゃん」として有名にならないかな、とか思いましたがそもそもわたくしがインする深夜にチュートリアルを受ける人は存外少なく、「収穫」のない日が続くこともありました。

ドキドキしちゃいますね

スノウエルフちゃんがむちゃくちゃ巨大化するワールドに一人で遊びに行ったりしたこともありましたが、この頃はかなしい酔ひに負けて寝込むこともありました。今ではちょっとやそっとのことではVR酔いしませんが、正直こんな酔うならどのみち長続きしないんじゃないかと思ったりもしていました。人間、慣れるもんですね。

運命の日、7月8日。実にVRCを初めて2か月。ついに初心者案内についていく暮らしに終わりが訪れようとしていました。ぶっちゃけて言うと、それまでの間に初心者案内についていってその後皆で遊ぶところまでもっていけた回数は数えるほどしかありませんでした。皆寝ちゃうからね、仕方ないね……そもそも、わたくしは初心者案内に混ざることを目的に初心者案内に混ざっているわけではありません。その後も一緒に遊べてかつ、VRC内で知り合いがまだ少ない誰かを探し求めていたのです。ですから、その時フレンドになった人に「またインしてたらjoinしよう」と思ってその後毎日チェックしてみるも全然インしなくなってしまったり、プライベートワールドに籠っていたりして、振出しに戻って孤立する日々が続いていました。

かしさん

7月8日のこの日もわたくしは初心者案内にくっついていっていました。正直、無言でいると頑張って手を振っても相手にしてもらえないこともあったのですがこの日はかなりいい感じに盛り上がってその後遊びに行ったりもしています。この時にフレンドになったのがかしさん。このかしさんこそ、わたくしが2か月にわたって探し求めていたプレシャスワン……「明日からもjoinできる初心者のフレンド」だったのです。

その後もお世話になったネムさん

この日はパーティクルがめちゃ綺麗なワールドに行くなどして、あー、楽しかったなーという感じでいつも通り終わりました。けれども……次の日も、また次の日も……遊べる……「また明日ね!」そう言って友達と最後に別れたのはいつだったでしょうか?放課後の、あの楽しいひと時。いつしか失われていったあの楽しみが、蘇る瞬間……VRCの真なる楽しみに、わたくしはようやく辿り着いたのです。そう、VRCはVRSNS。コミュニケーションツールであるからには、本当はいつまでもコミュ障ではやってられないわけですが、こんな「裏技」で現在に至るまで続くコミュニティの核を形成することになるとはこの時わたくしは思っていませんでした。

なんて楽しそうなんでしょう

かしさんはその後も度々チュートリアルワールドにいたのでわたくしはそこめがけてjoinしていました。かしさんはわたくし同様人込みを好まず、一人でワールドのスケジュール表を見ていたので「他の誰かと話し込んでいて入って行けない」ということもなく、人見知りカンストのわたくしもそっとそこに行って静かに佇んでいることが出来たのです。確か、えらい集会に行く運びになったのはその時でした。そう。「今日も一日生き延びてえらい集会」……それは、23時(月曜日は22時)に、集まった人々が「今日も一日生き延びてえらい」と互いを称え合い、最後は集合写真を撮って解散するデイリーイベント。わたくしはそれに2度参加したことがありました。一度目は集合写真を撮るときカメラが固定できず悲しい思いをしましたが、その時の写真はえらい集会場の写真がブワァ―と貼ってある坂の床にあります。6月4日の集合写真に写っているU10ちゃんがわたくしです。2回目は7月9日。この日はえらい集会に行ってからかしさんのところに遊びに行っていました。この時は集合写真も撮れています。

修練の結果Kawaiiポーズを会得

てなわけで、かしさんをえらい集会に誘うことに……したんだったか、或いはかしさんが「この集会気になる」と言ったのかどうか……実は覚えてないのですがとにかく、これまで一人でしか参加していなかったえらい集会に、何人か新たに知り合ったフレンドもひっくるめて参加してみることにしたのでした。

今回はまあ、こんなところですね……なお、この記事に名前出してない方の中にもお世話になった方々は沢山いますので、僭越ながらこの記事を以て謝辞とさせていただきます。「出会いに感謝」という言葉がわたくしは好きです。ありがとうございました。それではまた次回。

カテゴリー: VRC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です